バナナカステラを捕獲し展示するバナナカステラ案内所のWebページです.

2日め その1


6月14日 朝~>午前 観光開始!

パリ=>ジベルニー(モネの家)


朝飯はアメリカンブレックファースト!

ついつい取りすぎてしまう!

パンはクロワッサン!

と砂糖をまぶしたヤツ(名前知ってるヒトが居たら教えて)

どこかのHPでウマイって書いてあったダノン!

まさか初日から巡り会えるとは・・!

日本のヨーグルトより旨い!!

しかし、これから毎日の朝食で巡り会えた (*_*)

種類も豊富で食べ放題です。
ジュースもフルーツも!

なぜか舞い上がる!!

そういえばシリアルは一回も食べなかったなぁ。
オレンジの自動絞り器タイプのジューサー。

コップ半分位しか出なかったので適当にボタンを押したら

オレンジかドンドン吸い込まれていった。

ヤバイと思いその場を早急に立ち去る。

空港利用者の為のホテルと思いますが朝食は種類は立派でした。
さぁて、パリから郊外へ向けてバスは走る!

公認ガイドの岸さんが合流する。

ここからは添乗員&ガイドの2人体制です。

さらに走る!
もっと走る!!
どんどん走る!
羊発見!
と言うことでジベルニーのモネの家着!

初の観光です。

初ヨーロッパですがコッチの庭はキレイ!

cuminの言っていたとおり良い時期に来たのかな?

モネの家の寝室から眺める庭!

建物の中は撮影禁止!浮世絵だらけでしたよ。

撮影スポットだそうです。

モネになった気持ちで1枚!

外国人旅行者(フランス人かもしれないがカタイ事は言わない)も

多かったです。

ガイドさんの話だと、もうバカンスシーズンらしいです。

赤い花の向こうの女性(後ろ姿)が公認ガイドの岸さん。
小径の両サイドは花です。

キレイきれい・・でも小径は進入禁止で歩けない・・残念。

至る所に花!華!
バラです。

ココまで育てるのに何年かかるだろう??

小径は何カ所も有ります。
少し鎖が写ってますよね。

通れないのです。

ドコを撮っても絵になります。
眠蓮の池に向かう地下道にもモネカラーのピンクと緑。

(注)すみませんきれいに写りませんでした。

コッチの方が色の再現性が有るかな??
池に向かう!

見覚え有る植物が・・しかし、全てサイズがデカイ??

竹林・・タケノコが出るか話題になりました。
水藻・・気温が暑かったので水の流れが気持ちよさそう!
名物の蓮です。
蓮、向こうに柳、手前に菖蒲?

ここはドコ??

ぶれてます??

狙いは何??

う~ん、完全なる日本庭園 (@_@)

しかし、写真ではわかりづらいが1個のパーツはデカイ!

奥へ進む!

柳の葉がデカイ!

山奥へハイキングへ来た気分・・。

しかし、ココはフランス!

ベリー系の木の実。

山ぶどうって説も出ましたが正体は??

また、モネの家の庭に戻ってきました。
花の写真が多い!
ミツバチ!
モネの家の全景!

ピンクと緑です。(補色らしい?)

アヒル?

集合時間までの時間を持てあますようになってきた。

ココでフランス初のお買い物!

エビアン 2ユーロ。

ドキドキしましたがココは観光地!店のおばあちゃんも慣れてます。

簡単に買えました。メルシー・ムッシュって言われていい気になる。

が、バスの車内で運転手持ち込みのエビアンが1ユーロで買えた。

イイ気分もココまでだった。

土産物屋のディスプレイ!

センスが良い!

こちらは同じ店のブルーのブース。
土産物屋周辺の普通の民家。

民家の庭も侮れない。


Copyright © バナナカステラ案内所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.