バナナカステラを捕獲し展示するバナナカステラ案内所のWebページです.

3日め


第2回 フランス旅行

とっても「早い朝」と「遅い夜」

2004年8月28日 ブルゴーニュとパリ

バスツアーが7時集合なので6時にホテルを出発

です。

朝食は昨日もらったリンゴ。

それと、昨日、Tさんにもらったブルターニュのお菓子。
ホテルの壁はペンキ塗り立てみたいです。
ホテルの目の前のバラール駅からオペラへ

朝6時は真っ暗です。

7時前にみゅうの集合場所へ
今回のツアーは↓です。

~デラックスバスで行く~ブルゴーニュ・ワインの名産地を訪ねて

雨のオペラ界隈は物静かです。
人通りもありません。
デラックスバスは革張りの3列シート。

(ツアー代金もデラックスでしたが・・)

30分も走ると田園風景です。

ここで携帯が鳴る。

自由な男から「テニスの人数が少ないから来ないか?」って・・・

今から飛行機チャーターして飛んでも無理 ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

周りに何もないドライブインで休憩。
一路、ディジョンへ!
もうすぐディジョン!!
ディジョン駅

TVGが泊まってます。

ディジョンではセグウェイに乗った団体が??
どうも観光用に貸してるみたい。

フルスピードだと結構速く走ってる!

乗りたい!!!

ディジョンの広場
凱旋門
ディジョンのメインストリートかな??
マイユの本店です。
マドレーヌの店の方が好きだな。
ブルターニュ風の建物です。
広場です。
ワイン祭りでは噴水の水がワインに変わるそうです。
街中を・・
更に・・・
奥へ・・・
進んで行きます。
ガイドさんに・・
イロイロ説明してもらったけど・・
覚えているのは・・
「ふくろう」だけ・・・
この「ふくろう」に左手で触ると幸せになれるらしい。
「ふくろう」はさわられすぎで形がが無くなってる。
そして
更に・・更に・・
奥へ・・
進んでいきます。
覚えがないが無いので一覧でお楽しみ下さい。
 
 
ここから昼食の時間まで30分ほど自由散策です。
美容院風の店。
このお姉さんのポスターが欲しい!!
最初の門のある広場へ・・
戻ると昼食のレストランです。
GLACIERで昼食です。
店内は重厚な感じ。
エスカルゴ!

美味です。

ガーリックバターはバケットに付けて食べるとGood!!

グラスで赤ワインを呑みましたトッテモ濃いピノでした。

ブッフ・ブルギニヨン(牛肉のブルゴーニュ風)。

赤ワイン&白ワインで煮込んであります。

牛肉料理ですが旨味のためにベーコンが入ってます。

こってり系では無くコイツも美味です。

デザートはリンゴのタルト。
メニューを見ると17.5ユーロのコースみたいです。
昼食も終わりバスへ。

シロクマみたいなのもシンボルらしい。

だんだんと車窓にはワイン畑が広がります。

シャンポール・ミュジニーの画像だと思う。

バスはChateau du Clos de Vougeotへ向かいます。
Chateau du Clos de Vougeotはワイン畑の中にポツンと

建物があります。

ブルゴーニュはワイン畑があるけど醸造所みたいなのは街中

にしか無いみたいです。

葡萄畑は・・
1列ごとに・・・
所有者が違います。
ボチボチ収穫時期でしょうか??
モノポールの看板も・・・

Domaine Bertagna

何カ所か見つけました。(Clos Blanc de Vougeot)

Domaine de la Vougeraie

また、しばらく葡萄畑の画像です。
 
 
そしてロマネコンティへ
道中、ワイン色?のヤンキー仕様のシビックが・・
Type-Rなのかな?

タイヤも太いし超ローダウン。

道は舗装がボロボロでデコボコなので下がするコト間違いなし

です。

数分・・
ボーヌロマネ村の葡萄畑が続く道を・・・
歩くと正面がロマネコンティ!
ロマネコンティ\(^_^)/

コマネコンティの画像をお楽しみ下さい。

ロマネコンティと隣の畑の差は感じなかった。
ワインの値段が違う理由は見つからなかった。

そしてバスはボーヌの街へ

ボーヌへ到着です。

ここでワインの試飲です。

Caves des Cordeliers で試飲です。

ネゴシアンなのかな??

日本で調べたけどわからなかった??

Caves des Cordeliersのエチケットはこんな感じ。
セラーの中の画像・・・当然、真っ暗。

ここのワインは固い感じのワインが多かった。

20ユーロ以下のワインもでベンゲル似の案内人も5年寝かせろとか

10年寝かせろって言ったました。

もちろんOLDヴィンテージもそろってましたよ。

ボーヌを散策します。
ボーヌのチーズ屋(タスト・フロマージュ)

チーズを買って帰りました。

ここで買ったサン・マルセランはパリのTさんのアパートで食べるコトに。

ヌガーショップ。

味はわからないけどキレイでした。

バスは一路パリへ!

車中は爆睡でした。

オペラへTさんと再会してTさんのアパートへ

Tさんのアパートは凱旋門の近くのイエナ通りのアパートです。

屋根裏部屋ですがここの景色は最高です。

しかし、エレベータが無いのでらせん階段を延々との登らなけ

ればならない。

左手にエッフェル!右手に凱旋門!!

景色だけでも酒の肴です。

夜のエッフェルは毎時00分から10分間イルミネーションで美しく

光ります。

tomoko嬢がリッツエスコフィエ製菓学校で作ったキッシュ2種をご馳走

になる。とってもウマイ!

しかし、入ってるバターの量の多さを聞いて少々びびる。

マリーアンカンタンのブルピのチーズ・ドライなシェーブル・バケットも

食べました(画像をお借りしました)。

バターはコクありですが柔らかい感じ。

ブルピのチーズは優しい味でジャムと一緒に食しました。

シェーブルはとってもドライでイイ熟成でした。

画像が無いのですがボーヌのTast Fromages(タスト・フロマージュ)で

買ったSt Marcelin(サンマルセラン)も一緒に食べました。

コッチも濃厚でイイ感じでした。

その後、昨日合ったMさん夫妻とシャンリゼリゼで待ち合わせ。
どこかで、まずイッパイってコトでシャンゼリゼを歩く。

Mさんのご主人はルノーファン!!

シャンゼリゼのルノーのショールームへ

カフェが併設されてるので遅くまで営業してます。

(23時頃入店しました)

 
 
ここのショールームの展示は結構力が入ってます。

ここのカフェでシャンパンを呑む。

(ごちそうさまでした)

その後は、クラブ系ってコトでMan Rayへ

ホールはイッパイのひとでした。

DJの姿を写したけど写ってないぁ・・

イッパイ カラダ ヲ ウゴカシマシタ。

さらに、その後にSir Winstonってグラスワインをイッパイ呑む。

とっても雰囲気が良かったです。

写真を写しましたが・・解説すると暗い中に光るキャンドルです。

何が書いてあるか不明ですが紹介してあったサイトです。

帰りはメトロが動いていない時間(もう少し待てば始発が動いたなぁ)

だったのでホテルまでタクシーで帰る。

始めて一人で外国のタクシーに乗ったよ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

当然、仏語はできないのでホテルのパンフレットを見せて行ってもら

う。何事もなくホテルへ戻ることが出来ました。

とっても長~い1日でした。


Copyright © バナナカステラ案内所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.